パソコンクリニック&ネットワークサポート

VPNpi-DL版-旧バージョン-170709

  • HOME »
  • VPNpi-DL版-旧バージョン-170709

 VPNpi は Raspberry Pi を使った多目的VPNサーバーです。VPNpi をLAN内に置くだけで既存ルーターの変更なしにVPN接続できます。VPNpi を使えばVPN機能付きの監視カメラやファイルサーバーを簡単に利用することができます。(更新情報や操作Tips等はブログ記事もご参照下さい)

 ここではSDイメージをダウンロードしセットアップする方法を説明します。 →旧バージョン
 ベースとするRASPBIANに合わせ、デスクトップGUI有りと無しの2種類あります。
 デスクトップ無しLITE版にはVNCログインできませんが、その他のVPNpiの機能は同じです。
 Pi2、Pi3 ならGUI有りのリモートデスクトップが便利、B+、B には軽いGUI 無しがお勧め。
 ( SDイメージ動作確認済み対応機種: Raspberry Pi3 、Pi2 、B+ 、B )

1) SDイメージをダウンロードします。ダウンロードは下記リンクから行ってください。
 ・ RASPBIAN JESSIE WITH PIXEL ベース :  VPNpi-170709.zip (2.08GB)
 ・ RASPBIAN JESSIE LITE (GUIなし):  VPNpi-lt-170719.zip (1.19GB)

2) ダウンロードしたzipファイルを解凍すると下記のイメージファイルができます。
 ・ SDイメージ(PIXEL) : VPNpi-170709.img (5.18GB) 
   MD5(PIXEL): 2c3bc41d60099ccbf84657ed23ba9ab9
 ・ SDイメージ(LITE) : VPNpi-lt-170719.img (2.59GB)
   MD5(LITE): ef961c43387aa0754f6445dcc83c1372

3) イメージファイルを容量 8GB 以上(補足1)の SDカードに書き込みます。
 ・ Windows で作業する場合、Win32DiskImager を使うと簡単です。

Win32DiskImager画面

 ・ MacOSX で作業する場合はページ下部の補足2: をご参照ください。

4) できた SDカードをRapberry Pi にセットし、ネットワークに接続して起動します。
下記セットアップを自動実行します。B+で約4分半かかり、その間2回再起動します。
(ネットワークに接続しないとIP取得エラー待ちで2分ほど余分にかかります)
 ・ 最初の起動でパーティションを切り直し、データ領域を作成します
 ・ 再起動し、システム領域を拡張しデータ領域をフォーマット、鍵ペアを作成します。
 ・ 再起動し VPNpi サーバーが稼働します。

5) LAN内に限ればこの状態で VPNpi の機能を利用できます。
 操作方法-1を参照し VPNpi にアクセスできることをご確認下さい。
 ・ 外から利用するために「セットアップ方法-2」の SoftEther VPN 設定を行って下さい。

注)ご利用中の旧バージョンからの移行はこちらの記事をご参照ください。
  アップデート update-VPNpi.tgz はファイル共有の private に設定済みです。

補足0 : パスワードについて

※ ユーザー pi のパスワードをランダムに自動設定しています。
※ 同じパスワードを VNC と MySQLのroot にも設定しています。
※ パスワードはファイル共有の private に Piの秘密鍵と一緒に保存されます。
※ このバージョンからファイル共有の private にパスワードが設定されています。


補足1-a : SDカード容量 ( RASPBIAN JESSIE WITH PIXEL ベース、デスクトップあり )

 容量 8GB のSDカードではパーティション構成は次のようになります。

Filesystem      Size  Used Avail Use% Mounted on
/dev/root       6.0G  3.7G  2.0G  66% /
/dev/mmcblk0p3  1.2G  216M  922M  19% /mnt/sd2
/dev/mmcblk0p1   63M   21M   42M  34% /boot

 16GB 、32GB の場合、システム領域のサイズは同じ 6.0GB ですが、データ領域 /mnt/sd2 のサイズがそれぞれ 8.6GB 、23GB になります。

 データ領域には motion (監視カメラ機能)の記録データが保存されます。Pi2で 640×480 サイズを選んだ場合、8時間連続記録で 700MB のデータサイズになりました。motion記録は3日分保存されますので、同様の条件で利用される方は容量 16GB 以上の SDカードをご用意ください。


補足1-b : SDカード容量  ( RASPBIAN JESSIE LITE ベース、デスクトップなし )

 容量 8GB のSDカードではパーティション構成は次のようになります。

Filesystem      Size  Used Avail Use% Mounted on
/dev/root       3.5G  2.1G  1.2G  65% /
/dev/mmcblk0p1   63M   22M   42M  35% /boot
/dev/mmcblk0p3  3.7G  1.9G  1.6G  54% /mnt/sd2

 lite版なら8GBのSDカードでもmotionの利用に十分なデータ領域を確保できます。


補足2: MacOSX でSDカードを作成する場合

 ・ MacOSX で作業する場合、ターミナルを起動し dd コマンドを使います。
まず df でマウント位置を確認し diskutil でアンマウント、dd でイメージを書き込みます。以下コマンド例ですが、disk番号やマウント名、ファイルパス等は環境で変わります。

MacBook:~ hoge$ df -h
Filesystem           Size   Used  Avail Capacity  iused   ifree %iused  Mounted on
/dev/disk1           112Gi  102Gi  9.8Gi    92% 26761532 2561702   91%   /
 〜 中略 〜
/dev/disk2s1       3.7Gi  2.4Mi  3.7Gi     1%        0       0  100%   /Volumes/NO NAME
MacBook:~ hoge$ diskutil umount /Volumes/NO\ NAME/
Volume NO NAME on disk2s1 unmounted
MacBook:~ hoge$ sudo dd if=SDimage/VPNpi-151112.img of=/dev/disk2 bs=1m
Password:

 ddの進捗は ctrl-T で確認できます。コピーにはかなり時間がかかります。
なおMD5 の確認は下記コマンドで。この計算も結構時間がかかります。

$ openssl md5 SDimage/VPNpi-151112.img


補足3: 旧バージョンのダウンロード

 旧バージョン( VPNpi-170506 、jessie with PIXEL )のSDイメージはこちらです。
 旧バージョン( VPNpi-161205 、jessie with PIXEL )のSDイメージはこちらです。
 旧バージョン( VPNpi-160912 、jessie )のSDイメージはこちらです。
 旧バージョン( VPNpi-151112 、Pi3には未対応 )のSDイメージはこちらです。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 06-6201-3721 受付時間 10:00~18:00(土・日・祝日除く)

PAGETOP
Copyright © エコーウエア株式会社 All Rights Reserved.