最新 VPNpi-180529.img 公開しました。ダウンロードはこちらから。
前の180525でほぼ完成版なんですが・・・つい (^^;

■ 今回の 180529(180527) で追加した機能です。
 (180527で機能追加、180529は表示関連の細部修正)

1)主に移行機能のブラッシュアップです。
 まぁ自分向けの改良です~スマセン。なんせVPNpiたくさん飼っていてDDNSやらユーザーやらちゃんと移行してもらわないと困るので。
 で、なんか移行がうまくいかね~なーと思ったら、最新 Raspbian では fstab が uuid で書いてあったのが敗因で、起動時に前のmicroSDをUSBに刺してたら移行に失敗するという使えない仕様になってました。まぁ起動してから繋げば問題ないんですけどね。繋いでおいて起動することが多いので、fstabを以前のようにデバイスで書くように修正。

2)OpenVPNクライアント設定の移行に失敗することがある。
 アタシんトコ L2TP/IPsec 使えないので Windows以外のクライアントからVPNするのにこれが動かんと結構タイヘンなんですね。
 ので、クライアント設定ファイルを再生成するための更新ボタン追加しました。が、最終的にそのボタンでサーバー証明書も再生製するようにしたので、設定の移行に失敗したら更新ボタンは使わず移行操作をやり直して下さい。具体的には元のmicroSDを接続し何度か移行update.tgzやれば元のクライアント設定も引き継げます。

3)ダイナミックDNSホスト名の変更可能に
 デフォルトの  vpn3141592653.softether.net な~んて覚えてらんねーでしょ? まぁ端末に設定するので覚える必要はないんですけどね。(デフォなら名前から接続先を特定されない、って利点はあります)
 SoftEther謹製の管理ソフト使えばイイんですが、ブラウザから操作できた方が便利だよね~、ってことで設定画面で変更できるようにしました。
 もちろん従来通りSoftEtherの管理ソフト、サーバーマネージャーも使えます。ただしサーバーマネージャーで管理パスワードを変更するとブラウザから操作できなくなりますのでご注意ください。

 なお、DDNSホスト名変更の際にSSL証明書を更新しOpenVPNクライアント設定も更新します。コレは2)の更新ボタン処理を呼び出しています。(SSL証明書はファイル名 VPNpi.cer で private に保存するようにしました)
 Windows10クライアントで SSTP 使う際、DDNS名の .softether.net を .vpnazure.net に変えて中継サービス経由で接続する際は問題ありませんが、DDNS名:5555 に直でつなぐにはこの証明書をインストールしておく必要があります。(証明書をダウンロードし右クリック「証明書のインストール」で「ローカルコンピューター」、ストアは「サードバーティルート証明機関」に配置します)

以下、機能追加関連のスクリーンショットです。