現行のWindowsでは実用的な時間内に元のパスワードを調べることは困難になりました。
XPの頃は ophcrack のライブCDで簡単にパスワードが出て便利だったのですが、Vista以降は通用しません。(ただし人名などの「弱い」辞書ワードは即出るのでご用心!)

しかしながら、パスワードのリセット(解除や再設定)であれば実はとても簡単にできるのです。

Vista、7、8 のログイン画面には左下、10 なら右下電源ボタンの隣に「コンピューターの簡単操作」というボタンがあり、クリックすると Utilman.exe が起動します。それを cmd.exe に置き換えてしまえば管理者権限のコマンドプロンプトが起動するので net user コマンドでパスワードをリセットできます。裏技ですね。

以下、操作方法です。

まずPCをCDから起動します。事前にデータ救出用に Knoppix や WindowsPE のライブCDを作っておけば何かと便利ですが、 WindowsインストールCDの修復オプションにあるコマンドプロンプトでも十分です。
上記2つの exe ファイルはシステムドライブの ¥windows¥system32 にあります。

コマンドプロンプトでの操作は以下の通り
> c:  ※ D:の場合もあります。dirで内容確認してHDD上のシステムドライブを指定します。
> cd ¥windows¥system32
> ren utilman.exe utilman.ex  ※ 元の Utilman.exe は名前を変更してバックアップします。
> copy cmd.exe utilman.exe
> exit

次にCDを抜いてPCを再起動し、ログイン画面の「コンピューターの簡単操作」ボタンをクリックすると管理者権限のコマンドプロンプトが起動します。そのウインドウで net user コマンドを使ってパスワードを変更します。

> net user
ユーザー名の一覧  ※ ココに登録されているユーザ名が表示されます
エラーでコマンドが終了しました。  ※ 気にしないでイイです

> net user ユーザー名 *  ※ユーザー名: 上の一覧にあるユーザー名を指定
ユーザーのパスワードを入力して下さい:  ※ 新しいパスワードを入力
確認のためにパスワードを再入力して下さい:  ※ 同じものを再入力
コマンドは正常に終了しました。

> exit

これで新しいパスワードでログインできます。 
ログインできたらコマンドプロンプトを「管理者として実行」し Utilman.exe を元に戻します。

> del utilman.exe
> ren utilman.ex utilman.exe

utilman.ex を操作できない場合は copy utilman.ex utilman.exe で Utilman.exe を元に戻します。
(残った utilman.ex はそのままにしておいても特に問題はありません)